FXバックドラフト ②

FXバックドラフトは、総合病院院長でもある「くまひげ先生」率いる
トレーダー集団「PATHFINDER LLC.」の高精度売買シグナルです。

「相場の神様」と仲良しになれるFX売買シグナルをめざした、高精度売買シグナル。

このシステムの最大のポイントは
再描画なし、リペイントなしでの精度です。

世界中のMT4売買シグナルと比較しても

売買タイミングは最高の部類に入り、海外の専業トレーダーからの評価も高いようです。

FXバックドラフトPROが時系列で再描画のないシステムです。

スキャルピング・デイトレードは、タイミングが命です。
一度出たシグナルは、次の足が出ても移動したり、消えたりしないので
シグナルを反応が生ずる局面で、売買に迷いの生じないトレードを目指せます。

また、K-EASY-TRADERを使うと、最初にストップとリミットを決めてから成り行き注文を出すという、 たいへん有効な注文が可能となり、シグナルの確認時に、複雑な過程の注文をすることなく、 セミオート化することが可能となります。

FXトレードで欠かすことの出来ない信頼のおける素敵な指南役
FXバックドラフトの売買シグナルは、FX初心者の私でもたいへん利用し易いものでした。
FXをはじめた最初の頃は、自分でトレードをおこなうのが怖くて、EAを購入し自動売買をおこなっていましたが、思わぬ大損失を出し運用を中止していました。
その後、友人の紹介でFXバックドラフトを取り入れて再チャレンジしています。
前評判で精度の高いシグナルだと友人に聞いていましたが、さらに予想を上回るものでした。
私なりの言葉で表現させていただくと、ずばり「おいしいタイミング」でトレードができており、今では、私のFXのトレードでは欠かすことの出来ない信頼のおける素敵な指南役のツールとなっています。
【東京都 中井様 女性】

損失を防ぐ工夫
色々な経済指標がニュースなどで発表されますが、特に重要なのは各国の政策金利の発表などでしょう。
これは金利を上げ続ける国の通貨は上昇しやすい傾向にあり、利下げとなるとその国の通貨は売られやすくなるという方向性の判断材料となります。
米・雇用統計などは毎月第一金曜発表で乱高下しやすい動きとなっていますので、特に、急激に相場が動いた時は、その「原因は何か」?を必ずニュースやレポートなどで確認する事で、今後のトレードの参考材料になります。
何故という過去の出来事を把握する事で未来の判断材料が増え、損失を防ぐ事になります。


コメントは受け付けていません。