FX-BACKDRAF :タグ

FXバックドラフト

FXバックドラフトは、未来に向かって、相場がどのような反応を示す可能性があるのかを教えてくれ、あなたを後押ししてくれる指針となる、FX-BACKDRAFT シグナル配信ツール。

値動きの新法則◆FXバックドラフト理論【FX-BACKDRAFT PRO/FXバックドラフト】スキャルピング&デイトレード・売買シグナル+【セミオートマティック・パッケージ】

 

相場を動かすエネルギーの【蓄積 ⇒ ゆらぎ ⇒ 反応】の過程の中で、「嵐の前の静けさ」そして、静から動の動きを捉え、トレードに利用した、FXバックドラフト理論によるトレードシステムです。

しかし、実際にこの反応ポイントBACKDRAFT(バックドラフト)を利用するといっても簡単ではなく、実際のリアルタイムでのトレードにおいては、多くのシステムトレードと同様に過去に戻ってしまい、いわゆる「後だしじゃんけん」のようになり、過去の相場を見ても1文にもなりません。

 

リアルトレードで、今から、僅かな時間であっても、
● 未来に向かって、どのように相場が動くのか?、
● どこに向かおうとしているのか?

を洞察することが重要です。

それを理解することなくトレードするならば、あなたは、残念ながら、「相場のカモ」になっていることでしょう。

あなたが、もし相場で負けているのなら、まず何よりも、トレードをエントリーしようとしている只今から、未来に向かって、相場がどのような反応を示す可能性があるのかを教えてくれる、あなたを後押ししてくれる指針となる確立されたルールが必ず必要になるはずです。

そのひとつにBACKDRAFT(バックドラフト)の分析は、お役に立つことができるのではないかと考えております。

 

FXバックドラフト

PATHFINDER(パスファインダー)

私どもの団体 PATHFINDER(パスファインダー) は、現在まで8,700人以上の国内外の会員やシステム利用者、証券会社との業務提携等があり、投資家現在、FX-BACKDRAFT(FXバックドラフト)は、多くの投資家の売買ルールに有効に取り入れられています。

あなたが、このFXバックドラフトによる相場の分析を取り入れることで、売買ルールに劇的な変化を与えられる事が出来る様を願っています。

FXバックドラフトの詳細は・・・こちら

 

(さらに…)

FXバックドラフト 概要

FXバックドラフト理論に基づくスキャルピング&デイトレード・売買シグナル【高精度・体験動画あり】

このFXバックドラフト・システムは、シグナル動画を実際にご覧頂けます。
世界中の売買シグナルを出すMT4のシステムと比較しましたが、売買タイミングは最高の部類に入ると思います。

海外の専業トレーダーの方にも、ご利用頂き高い評価をいただいております。
FXバックドラフトは、トレーダーの制約が少なくすべての通貨ペア(特殊なマイナー通貨を除く) 1分足から1時間足までのタイムフレームに対応しています。

もちろん、レバレッジの規制後にも充分対応できます。
 
(さらに…)

システムトレードの王道・(FXバックドラフト)

優位性の高い戦略のシステムトレードで勝者に、そして経済的自立を・・・・。

人気マネー雑誌『¥SPA!』で、【FXバックドラフトPRO】は堂々の1位を獲得いたしました。

【FXバックドラフトPRO】は堂々の1位を獲得いたしました

【FXバックドラフトPRO】は堂々の1位を獲得いたしました

 

通貨ペアや時間足が自由に選定できるFXバックドラフは、トレードチャンスも多くどの組み合わせでも勝率が高く、再描画・リペイドがないので、トレードし易いシステムです。

2012年度成績

7月度 (7月1日~7月16日)

51勝 5敗 ⇒ 勝率92.73%

ターゲット2以上・・・27(ターゲット達成のうち52.94%)

◆6月度 (6月1日~6月30日)

125勝 19敗 ⇒ 勝率86.81%

ターゲット2以上・・・84(ターゲット達成のうち67.2%)

FXトレードで欠かすことの出来ない信頼のおける素敵な指南役

FXバックドラフトの売買シグナルは、FX初心者の私でもたいへん利用し易いものでした。

FXをはじめた最初の頃は、自分でトレードをおこなうのが怖くて、EAを購入し自動売買をおこなっていましたが、思わぬ大損失を出し運用を中止していました。

その後、友人の紹介でFXバックドラフトを取り入れて再チャレンジしています。

前評判で精度の高いシグナルだと友人に聞いていましたが、さらに予想を上回るものでした。

私なりの言葉で表現させていただくと、ずばり「おいしいタイミング」でトレードができており、今では、私のFXのトレードでは欠かすことの出来ない信頼のおける素敵な指南役のツールとなっています。

 

2012年7月の円ドル相場推移

今の所、米国の追加緩和などの気配はなく、欧州債務問題がくすぶり続ける中、ドル円は足元の79円近辺を中心としたレンジ相場で膠着しています。

2012年7月の円ドル相場推移

2012年7月の円ドル相場推移

下値は16日安値78.69円、上値は昨日高値79.16円や17日高値79.17円前後です。安住財務大臣はこのところの円高は投機筋によるもので、市場が反映していないと市場介入も示唆していますが、大幅で急激な円高でなければ、投機筋の動きも仕方ないでしょう。